・集音器のすすめ

所謂医療用具としての補聴器ではありません。あくまで分類上雑貨扱いの”集音器”です。しかし、その基本的な機械的構造に大きな違いがありません。外部の音声を集めて増幅して内耳に伝えるというシンプルなものです。耳に負担がかかるのでは?という疑問は当然ですが個々の聞こえはだれも判断できませんし、集音器でも当然、調整も可能です。また多くの集音器は軽度の耳の遠さ補助用です。その魅力なんといってもその価格差です。いくら専門の聴覚判断士が判断しても100%いいものに出会わないケースもあります。一度お試ししてもいいなというコストで一般的に販売されている集音器は紛失しても忘れてもダメージは少ないです。

ご紹介